面接の自己紹介で気を付けるべきことって?転職先で面接をする時の注意点とは

転職を考えた時、面接でどのような自己紹介をすればいいのか分からなくなってしまったことはありませんか?

もしも自己紹介が上手くいかず、それが面接の合否に影響してしまったらとてもガッカリしてしまいますよね。

後悔して、自分を責めてしまう場合もあるかもしれません。

そのようなことをできるだけ避けるためにも、ここで面接の自己紹介でやっておくべきこととやってはいけないことを把握しておきましょう。

面接の自己紹介が上手くいけば、きっと転職成功にもつなげることができますよ。

転職をする時に面接の自己紹介でやっておくべきこと

まずは転職をする時に面接の自己紹介でやっておきたいことからお伝えしていきます。

自己紹介が失敗に終わり、後から後悔してしまわないためにも自己紹介に必要なことをしっかりと頭に入れておきましょう。

最初と最後の挨拶は忘れずに行う

面接で自己紹介をする時は、きちんと挨拶をすることがとても大事です。

自己紹介で最初と最後に必ず挨拶をするのは基本となっているのですが、緊張していたりすると、意外に忘れてしまいやすいのです。

しかし挨拶なしで自己紹介を始めてしまうと、面接官も不快な気持ちになってしまいやすくなるかもしれません。

逆に挨拶をしてから自己紹介を始めれば面接官に好印象を与えられるだけでなく、面接をしてくれていることに関しての感謝の気持ちを伝わりやすくすることができますよ。

そのため最初は自分の名前を含めた丁寧な挨拶をし、自己紹介を終える時にはその意思表示を見せることでピシッとした印象を残すことができます。

「お願いします。」「ありがとうございました。」など挨拶の中で一言添えるだけでも周りとの差をちょっとだけ広げられることでしょう。

職務経歴を説明する時は細かい部分までしっかりと伝える

次に面接の自己紹介でやっておきたいことは、職務経歴について話す時のことです。

職務経歴を話すとなれば、前職の勤務先や職種、または前職で行っていた業務内容を細かく説明しなければいけません。

そこでポイントとなるのが、どのような職業で、どのような業務を任されていたのかまで細かく伝えることです。

自分では過去の仕事のことをよく分かっていても、こちらから詳しく話さなければ面接官には伝わりません。

前職のことを自ら話すのは恥ずかしいかもしれませんが、可能な限りなるべく細かい部分まで自己紹介で話してみてくださいね。

自分が持っているスキルや前職での業績を自己PRに含める

自己PRでは、自分がこれまでの職業で身に付けたスキルや自分がどれだけ成果を出していたのかまでをアピールします。

前職の仕事を通じて得た経験・スキルや自分の実際の業績をアピールすることで、説得力が増しやすくなりますよ。

また、志望動機を語る時は転職をしてどうなりたいのか、転職できたらどんな仕事をしていきたいのかなどを伝えると、志望した理由を明確にすることができます。

ちなみに企業が目指している方針や、企業で取り扱っている商品に触れながら話をしても面接官へ強い印象を残すことができることでしょう。

転職をする時に面接の自己紹介でやってはいけないこと

ここからは先ほどのやっておくべきこととは逆に、面接の自己紹介ではなるべく避けたいやってはいけないことをお伝えしていきます。

これから転職をする方も、過去の転職で自分がした自己紹介に後悔してしまったという方もぜひご覧ください。

前職に関してのネガティブな発言をしない

面接で自己紹介をする時にタブーとなる1つ目のやってはいけないことは、前職に関するネガティブな発言をすることです。

なぜならネガティブな発言をしてしまうと、面接官は自分の企業でも採用したら同じように不満を持たれてしまうのではないかと考えてしまうからです。

また、前職の悪い部分を社外へ簡単に漏らしてしまう人という悪い印象も同時に抱かれてしまいます。

前職での不満は自己紹介の志望動機などでもうっかり口にしてしまいそうになることが多いかもしれませんが、なるべくそうした発言は避けるようにしましょう。

それよりも前向きな言葉をたくさん発することで、面接官に明るくて良いイメージを与えることができますよ。

応募する企業と関係のないことは言わない

応募する企業へ直接関係がないことを言わないように気を付けるのも面接の自己紹介では大切なことです。

自分の性格や趣味・特技はたしかに自己紹介で必要なことかもしれませんが、応募する企業へ関係があるかというと、その関係性はとても低いです。

そのような内容を自己紹介に含めてしまうとプレゼンをする力がない人なのだろうかと思われてしまう可能性もあるので、言わないように注意しましょう。

転職で周りとの差がつきやすくなる面接の自己紹介とは

最後に、転職で周りとの差がつきやすくなる面接の自己紹介とは一体どんなものなのかご紹介していきます。

もちろん上記でご説明してきたやっておくべきこと・やってはいけないことに気を付けるのも大事なのですが、それ以外にも面接の自己紹介で気を付けておきたいポイントがあります。

それはどんなことなのか見てみましょう。

職務経歴は分かりやすく・伝わりやすく・簡潔にする

先ほども少しだけご説明したように、職務経歴を話す時は前職でどのような地位にいて、どのような仕事を担当していたかを簡潔に話す必要があります。

その中で分かりやすく伝わりやすいように自分の仕事ぶりを説明すれば、好印象を抱いてもらうことができますよ。

アピールポイントや自分の強みをしっかりと伝える

面接の自己紹介で自分が企業で活躍できそうな点を詰め込んで話しても周りとの差をつけることができます。

あまり自己紹介で長い時間を取ってしまわないように気を付ける必要はありますが、企業で役立ちそうな自分の強みをしっかりと伝えることで、面接官が採用後の未来を想像しやすくすることができます。

また、それによって面接官が質問しやすい状況を作り上げることができることでしょう。

印象に残りやすいことを発言してみる

面接は、自分のことをどれだけアピールできるかというのが重要なポイントになります。

そこで誰でも思いつくようなことを言っても、何人もの応募者を面接する面接官には響きません。

そのため強く印象に残るようなことを自己紹介の中で発言してみるのもおすすめですよ。

自分にしかない特徴を探し、面接官の目を惹きつけてしまいましょう。

まとめ

転職をする時は初めて就職をする時と違って、面接や自己紹介が結果の合否に大きく影響してしまいやすくなります。

そうした時に転職を成功させるためにも、面接の自己紹介は事前にしっかりと考えておかなければいけません。

上記でご紹介したようなことに気を付け、後悔のない自己紹介をしてみてくださいね。