転職面接で気を付けるべきことは?面接官に採用されやすくなるポイントをご紹介!

「転職をする時って、面接でどんなことに気を付ければ採用してもらえるんだろう?」

転職をするには面接でどんな対応をすれば良いのか気になる方もいると思います。

せっかく面接を受けるなら、できれば採用をしてもらいたいですよね。

そこで、転職の面接ではどのようなことに気を付けると採用してもらえる確率をグッと上げることができるのか、これからご紹介していきますね。

転職の面接について知りたい方は必見です!

面接官はどんなところを見て採用・不採用を決めているの?

まずは面接官が採用や不採用をどうやって決めているのかお伝えしていきますね。

第一印象が良いか

面接官が見ている1つ目の採用・不採用のポイントは、第一印象です。

  • 指定した時間どおりに到着していたか
  • きちんとあいさつができているか
  • 服装や身だしなみが整えられているか
  • 表情や姿勢はどうか
  • 話をきちんと聞いているかどうか

上記のように、面接の間だけで第一印象は決まってしまいます。

第一印象で採用・不採用を大きく左右してしまうこともあり得るので、気を付けましょう。

どんな雰囲気か

面接官が見ている2つ目の採用・不採用のポイントは、どんな雰囲気かです。

第一印象以外にも、面接中の受け答えの仕方を面接官はしっかりと見ています。

いずれは同じ職場の一員になるかもしれないわけですから、職場の雰囲気に合いそうかどうか、馴染んでいけそうかどうかなどをチェックしている可能性がありますよ。

第一印象を気を付けるだけでなく、面接中も気を抜かずに対応をしましょう。

仕事を頑張って続けてくれそうかどうか

仕事を頑張って続けてくれそうかどうかという仕事に対する意欲の強さなども、採用・不採用のポイントです。

採用をするからには、長く続けてほしいと願っている面接官もきっと多いはずです。

仕事を頑張って続けてくれそうだと思ってもらえるように、面接中にはしっかりと仕事への意欲を伝えてみてくださいね。

転職をするために面接で気を付けなきゃいけないことは?

では、転職をするためには面接でどんなことに気を付けなければいけないのでしょうか?

面接で気を付けるべきことをお伝えしていきたいと思います。

面接の前に服装や身だしなみをチェックしておく

まずはじめの面接で気を付けなければいけないことは、面接の前に服装や身だしなみをチェックしておくことです。

男性と女性では、正しい服装や身だしなみが変わってきますよ。

実際に面接をする時の参考にしてみてください。

男性

男性が面接をする前にチェックしておくポイントは、以下の通りです。

  • 黒いスーツを正しく着る(ボタン・ネクタイ・フケが付いていないか など)
  • 清潔にしておく(髪型・ヒゲ・鼻毛・爪 など)

男性の場合は、ボタンやネクタイ、フケやヒゲなどと言った部分に気を付ける必要があります。

清潔感のある格好は、面接官へ良い印象を与えることができますよ。

女性

女性が面接をする前にチェックしておくポイントには、以下のようなものがあります。

  • 黒いスーツを正しく着る(スカート・フケが付いていないか など)
  • 清潔にしておく(髪型・メイク・ネイル)
  • ストッキングに伝線がないか

女性の場合、特にメイクやネイルはあまり派手になり過ぎないように控えめにしておきましょう。

メイクは濃くなりすぎないようにし、ネイルは控えめな色や透明な色にすることによって面接官へ悪い印象を与えてしまうことを防ぐことができますよ。

だからと言ってノーメイクも好ましくはないので、ちょうどいい具合にメイクをしてから面接にのぞみましょう。

入退室の基本やあいさつはしっかりとする

面接は質問の受け答えだけでなく、入退室の基本やあいさつがきちんとできているかというのも大事なポイントになります。

入退室の基本には、ノックの回数やドアの入り方、席の立ち座りなどがあります。

面接の前には入退室の基本を頭に入れておき、あいさつは元気に明るくするように心がけみてくださいね。

きちんと面接官の目を見て会話する

面接で気を付けなければいけないことの3つ目は、きちんと面接官の目を見て会話をすることです。

目を見て会話をしなければ、面接官とのコミュニケーションも取りづらくなってしまいます。

また、目を見て会話をしていると面接官にもきちんと話を聞いていると思ってもらえるので、好印象を持ってもらうことができますよ。

採用してもらうための面接ポイントは4つ!

最後に採用をしてもらうための面接ポイントを4つご紹介していきます。

面接をする企業のHPを事前に見ておく

面接が決まったら、面接をする企業のHPを事前に見ておくことがおすすめです。

HPを事前に見ておくことで、どんな企業なのか、面接を受ける企業についての知識を付けておくことができますよ。

また、HPを見たことを面接でアピールしても面接官へ好印象を与えることができます。

面接官の質問内容をあらかじめから予想しておく

面接官の質問内容をあらかじめから予想しておくことも面接ポイントの1つです。

転職を希望する方が面接を受ける場合、次のような質問をされる可能性があります。

「転職をしようと思った理由はなんですか?」

「時間外の勤務についてはどのように考えていますか?」

「弊社は残業もありますが大丈夫ですが?」

「希望する給与や年収などはありますか?」

面接をする時に質問の回答で詰まってしまわないためにも、あらかじめから質問を予想しておくとスムーズに面接を行うことができますよ。

自分から逆質問をしてみる

「面接は質問に答えるだけのもの。」

そう思っている方も多いかもしれませんが、実は面接中に自分から逆質問をしてみるというのも面接官には喜ばれるのです。

面接の前からどんな質問をされそうかある程度予想をしておくだけでなく、逆に自分が企業側に聞きたいことはないか、質問を考えておいても良いかもしれません。

ちなみに逆質問には、以下のような回答例がありますよ。

「転職した方は、どのくらいの期間で成果を出しているんですか?」

「自分が持っている○○の資格は、御社の仕事で活かすことができますか?」

「御社が転職希望者に期待していることを教えてください。」

このように、逆質問をすることで何人もの面接をする面接官に強い印象を残すことができます。

自分の長所やアピールポイントなどは、逆質問で積極的に伝えてみましょう。

ネガティブな発言を避けてポジティブに回答をする

面接時には、ネガティブな発言を避けてポジティブに回答をするように気を付けてみましょう。

ネガティブな発言は面接官へ良くない印象を与えてしまいます。

また、採用をしてもすぐに辞めてしまうのではないか、職場にちゃんと馴染めるのだろうかと、面接官へ不安を抱かせてしまう可能性もあるためなるべくポジティブに回答してみてくださいね。

転職に関してさらなるお悩みを抱えている方

営業が以外を希望している方

などは下記サイトも合わせてお読みください。

>>【逃げ勝ち転職】営業以外であなたにベストな職を見つけます!

まとめ

ここまで転職をする際の面接のポイントなどについてお伝えしてきました。

紹介した面接官のチェックポイントや採用してもらうための面接ポイントなどを、参考にしていただけたら嬉しいです。

無事に転職をすることができるのかどうか心配な方もいると思いますが、面接の仕方をほんの少し変えるだけで、採用される確率がグッと上がりますよ。

転職をして、新たな職場での仕事をスタートさせてくださいね。